ノベルティ及びグッズ製作、プレミアム景品、イベント商材、販促ツール等のご依頼・ご用命・ご相談は、弊社「すぐやる課」のいわきまでご一報願います。

ノベルティ屋「すぐやる課」心得

1)とにかくすぐやる

「お時間のある時でも結構なので…」と言われない限りは基本すぐやります。

2)状況・近況を報告する

時としてネックになる事柄があっても(工場からの確認待ちなど)途中報告を入れ現状に理解をいただきます。

3)できない理由を作らない

予めどんなご要望でも百戦錬磨の準備をします。金のことなら銀行へ。芸能ネタならスポーツ紙へ。その通り…ノベルティのことならノベルティ屋がスタンバイします。


「すぐやる課」をつくった理由

1)すぐやらないと仕事が溜まるばかりなので

2)牛丼屋さんや立ち食いソバ屋さんを見習いたいから

3)時間を掛けるお題は別としてその多くはすぐできることなので

4)逆の立場から返事や提出に時間の掛かる理由がわからないから

5)仕事が遅い=やる気がないと思われることを払しょく「仕事が早い=☆」


「すぐやる課」メリット・デメリット

1)時として仕事を温める必要がある場合は「すぐやる必要はない?」が、そのあたりの温度差は「すぐやる課」が判断させていただきます

2)時として「すぐやっても身にならない」こともあります

※状況に応じ対応させていただきます

3)「すぐやる課」は一人(主のみ)なので順次のご対応になります

※携帯電波良好(基本、仕事に飢えておりますので)


「すぐやる人」と「すぐやれない人」の違い

まず「すぐやれない人」…「すぐやれない課」の中身はこんな感じ↓

と言った感じでしょうか?

「担当者が代わりました」…特に新人社員などはこのA社員さんのパターン。はぁ~何とかしてくれ。クライアント様の困った困ったです。

B社員はいつも日中は外出してます。連絡は取れるので状況は理解できるが、こちらとしても夕方まで待てないこともある…。「あいにくCは会議に入っております」…うぁ~現場は、ほったらかしか。。事件は現場で起きてるんだ!

クライアント様からのご依頼をないがしろにするとは…。全くトホホです。

 宅配業界には新設されても、ノベルティ業界には認められない?

→まさに「急ぎません便。課」なのです…。

とにかく「すぐやる課」では、上のようなことはまずありません。

かと言って、デスクの上であぐらをかいているわけでは勿論ございません。電話やパソコンの前でオペレーター業務をしているわけでもございません。

基本は速やかに仕事を終えたいのが本音でございます。

折り合い重視でゴールへと走りたいのです。

またダラダラとこねくり回すことが嫌いな性格もあります。

ただし、いいモノをご提供する製造する場合は、時間も掛け担当者とクライアント様との協同作業が必要になり、全てが業者任せでは成り立たないこともあります。

両社間との協力や理解が必要になりますので、何卒我が「すぐやる課」をご理解いただきまして「より良いもの」への実現へ向けて行ければと思います。

共にゴールへと向かい辿りつく道のりそのドラマとは???

パートナーは?相棒は???

スタートライン、ファンファーレは…?

ノベルティ屋の楽屋、「すぐやる課」は常にお客様からの騎乗依頼をお待ち申し上げております。

色紙代わりに推しの選手からサインを貰えたらSNS映えも!
色紙代わりに推しの選手からサインを貰えたらSNS映えも!
冷んやりグッズはじめました。
冷んやりグッズはじめました。
部長さんの琴線に触れるグッズ!
部長さんの琴線に触れるグッズ!

景品業界~一筆川柳募集中!

★この業界は安く売ることを生命線とするネット業社さんが多く存在します。記念品や贈り物ですし、ましては広告PRとして配布される側の品格も問われる場合もありますので、なるべく技術や品質、クオリティを重視する製品の製造を目指す業者さんの選択を推奨します。少しでも安っぽいと感じさせるノベルティは敬遠しましょう。

2018年5月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年

1月

06日

新年ご挨拶

続きを読む

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です